同じローンでも大きく違う

自動車を購入するには安くても100万円以上のお金がかかってきます。グレードの高い新車を買うのなら300万円を超えることもあるでしょう。今の日本でそんな金額をポンと支払える人は少数派でしょう。したがって、多くの人は自動車を購入する際には何かしらのローンを利用することになります。

 

自動車購入用のローンとして考えられるのは、ディーラーや銀行によるマイカーローンと、消費者金融などのカードローンの2通りです。それぞれにメリットデメリットがありますから、違いを知った上でどちらを選ぶか決めるべきです。

 

まず、マイカーローンのメリットは金利が低いことです。自動車のローン返済は長期間に渡ることが多いですから、金利の低さは大幅な利息節約につながります。はっきり言って、マイカーローンを利用できるのならカードローンは使う理由はありません。特に借り換えの場合に言えることで、低金利での借り換えマイカーローンの利用を考えているなら、カードローンは検討の余地すらありません。

 

一方、カードローンのメリットは利用しやすいことです。マイカーローンとは違い、カードローンなら返済中も限度枠の範囲内でさらに借り入れすることができます。また、利用目的は自動車購入に制限されませんから、自動車での旅行代なども工面できます。もし、マイカーローンの審査に落とされてしまったのならカードローンを検討するのがいいでしょう。